全身小說家

 分享
 分享

劇情介绍

作家・井上光晴の〈虛構と現実〉を、彼が癌により死に至るまでの5年間を追い描いたドキュメンタリー。「ゆきゆきて、神軍」(87)の原一男監督作品。「地の羣れ」「虛構のクレーン」などで知られる戦後派の作家・井上光晴は、昭和52年に佐世保で文學伝習所を開いた。以後全國13ケ所に広がったその伝習所を中心に、彼は各地方で體當たりの文學活動を実踐してきた。映畫はその伝習所に集った生徒たちとの交流や、そして特に伝習所の女性たちが語るエピソード、文壇で數少ない交友を持った埴谷雄高、瀬戸內寂聴らの証言を通して、井上光晴の文學活動、〈生〉そのものを捉えていく。撮影準備直後、井上にS字結腸癌が発生し、いったん手術は成功するもののやがて肝臓へ転移していく。カメラは彼がその癌と戦う姿も生々しく撮り続けるが、平成4年5月、遂に井上光晴は死を迎える。映畫はさらにその井上自身の発言や... 展開全部

播放列表

十三爺
1080P
 資源由UP主十三爺提供

相關推薦

推薦閱讀

    本站只提供WEB頁面服務,本站不存储、不制作任何影片,不承担任何由于内容的合法性及健康性所引起的争议和法律責任。

    若本站收录内容侵犯了您的權益,請附说明聯繫郵箱,本站将第一時間处理。

    © 2020 balatutu.com  E-Mail:  统计代码

    觀看紀錄